よくあるご質問

熱伝導率の重要性

ヒートシンクの熱伝導率と放熱能力は、電子製品の寿命と性能に密接に関係しています。

熱伝導性の高い熱伝導性材料または熱伝導性界面材料は、熱エネルギーを直接伝導する能力が高い。 熱伝導率にはさまざまな名前があり、一般的な名前は、熱伝導率、熱伝達、熱伝達、熱伝導率、熱伝導率、熱伝導率、熱伝導率、熱伝導率、および熱伝導率です。

 

熱伝導性インターフェース材料の主要パラメータ–熱伝導率:

熱伝達係数(熱伝達係数)熱伝達係数(k)とも呼ばれ、単位はW / mK、熱伝導率の式はk =(Q)* L /(Ac *ΔT)です。ここで、kは熱伝達です。係数(W / mk)、Qは熱(W)、Lは熱伝導距離(m)、Acは物体を通過する熱伝達の断面積(m2)、ΔTはコールドエンドとホットエンド。単位時間あたりに伝導できる熱エネルギーを測定するために使用されます。

熱伝導性インターフェース材料を設計するための重要なパラメータは熱伝導率です。必ずしも最高の性能(高いK値)を備えた製品を選択する必要はありません。硬度、厚さ、および熱放散面積も重要な設計上の考慮事項です。 他のすべてのパラメータが等しい場合、熱伝導率が高いほど、より効率的な熱伝達管理が可能になります。

 

室温でのさまざまな物質の熱伝導率の参照表:

素材

熱伝導率W/m.K

素材

熱伝導率W/m.K

钻石

2300

水 (l)

0.613

429

人間の皮膚

0.37

401

木材

0.17

ゴールド

317

ヘリウム

0.152

アルミニウム

237

軟質ゴム

0.13

80.2

ガラス繊維

0.043

HG

8.54

空気

0.026

1.4

硬質ポリウレタン
発泡リジッドウレタン
Foamed Rigid Urethane

0.026

レンガ

0.72

 

TOP